あなたが病院でHIV検査を受けるとき、健康保険は使えるのでしょうか?

◇HIV検査に健康保険が使えるのか?

HIV検査の健康保険適用については、次のように決められています。

「間質性肺炎等後天性免疫不全症候群の疾病と鑑別が難しい疾病が認められる場合やHIVの感染に関連しやすい性感染症が認められる場合でHIV感染症を疑わせる自他覚症状がある場合は、本検査を算定できる。」(平成16年2月27日保医発第0227001号)

ちょっと読んだだけでは意味が分かり難いですね。

結論から言うと、HIV(エイズ)検査を病院で受けるときは、条件付きで健康保険の適用が認められます。

それはどんな場合かと言うと、

1.あなたに間質性肺炎など、エイズの疾病と区別するのが難しい疾病が認められた場合。

間質性(かんしつせい)肺炎とは、肺の間質組織に炎症を起こす疾患の総称です。つまり、肺に炎症が起きているとき、それがHIVの感染によるものなのか、それとも他の病原体なのか、調べる必要がある場合には、保険の適用になると言うことです。

肺炎以外でも同様に調べる必要があれば、保険の適用となるでしょう。

2.あなたにHIV感染に関連のある性感染症が認められ、かつHIV感染症を疑わせる自覚症状がある場合。

HIVと同じ感染ルートの性感染症に感染 していれば、HIVも疑うのはある意味当然です。しかも、本人に自覚症状があれば、なお疑いは濃くなります。こんな場合には、健康保険を適用出来るということです。

3.あなたがスクリーニング検査で「陽性」となった場合の、確認検査は保険が適用されます。

以上が病院での健康保険適用の条件です。なんだか手間と言うか、ややこしいですね。

例えば、あなたが特に自覚症状もないし、普通に健康だけどHIV感染が心配なので、念のためにHIV検査を受けよう、そう思って病院に行った場合には、先ほどの3つの条件のどれにも該当しないので、保険適用外となりそうです。全額自己負担ですね。

つまり、ある程度HIV感染が疑われるケースじゃない と保険が適用されないのです。

上記内容については、「これでわかるHIV/AIDS診療の基本」(南江堂)を参考にさせて頂きました。

もしもあなたが実際に病院でHIV検査を受けようと思えば、念のために病院にて保険適用の条件を確認の上、検査を受けることをお勧めします。

病院によっては、検査結果が陽性だったら、健康保険を適用してくれるところもあるそうです。

◇健康保険を使わずにHIV検査が可能か?

では、逆にあなたが健康保険を使える条件を満たしているのに、わざと健康保険を使わずにHIV検査を受けることは可能でしょうか。

例えば、どうしても家族にHIV検査のことを知られたくない場合などですね。

そんなときは、

「健康保険の適用外でお願いします。」

とストレートに言うか、

「健康保険証を作っている最中です。」

とでも言えば、健康保険を適用せずにHIV検査をしてくれます。

その代わり当然ですがHIV検査は全額自己負担となり、5,000円から15,000円ほどの費用がかかります。

■この記事のポイ ント
○自覚症状がなく、医師が特に必要性を認めない場合のHIV検査は健康保険の適用外である。

○ただし、検査結果が陽性であった場合、確認検査は健康保険の適用が可能である。

■自覚症状なし!あなたの不安を解消するのはHIV検査だけです。
■STDチェッカータイプJ(男女共用)
あなたの自宅でいつでもHIV検査が可能です。早期のHIV検査は救命的検査です。

■HIV・梅毒・B型肝炎!重複感染でより重症化することがあります。
■STDチェッカータイプO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎の3種類を同時検査。重複感染が多い感染症です。

■この検査の信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■実際に使った人の声(6372件の声)