HIV抗体検査で検出対象となる「抗体」。その驚きの働きをご紹介します。


あなたが保健所や病院で受けるHIV検査は普通は「抗体検査」と呼ばれる検査方法です。直接HIVを検出するのではなく、HIV抗体を見つける検査です。

では、「抗体」とはいったい、何でしょうか?

◇そもそも、抗体とは何だ?

私が一番初めにHIV検査を受けようと思ったとき、てっきりHIVを検出するものだと思いました。

HIVに感染したかどうかを判定する検査だから、体内にHIVが存在するかどうかを見るのだと思ったのです。

確かに、HIV抗原検査やNAT検査と呼ばれる検査方法では直接HIVを見つけます。でも、あなたが受ける保健所や病院での一般的な検査はHIV抗体検査といって、HIVに感染することによって作られる抗体を見つける検査です。

抗体が見つかることをもってHIVに感染したと判定します。逆に抗体が見つからなければ感染していないと判定します。(ただし、ウインドーピリオドを過ぎていること)

この抗体と言うのは、あなたの体のリンパ球のうち、B細胞と呼ばれる免疫細胞が作り出す糖タンパク質分子です。⇒『HIVが破壊する免疫機能とは』

抗体はあなたの体内に侵入してくる様々な病原菌を攻撃し、やっつけてくれるありがたい、そして頼もしいあなたの味方です。

◇抗体の働きは?

抗体の働きには2つあります。

●ウイルスが増殖するのを防ぐ
あなたの体内にウイルスが侵入してくると、ウイルスは細胞内に入って自分のコピーを作ろうとします。

ウイルスは自分だけではコピーを作ることが出来ず、宿主となる細胞を見つけてその中に侵入し、宿主細胞の増殖機能を巧みに利用して増殖していきます。

抗体はウイルスにくっついて細胞に入れないようにしてしまいます。するとウイルスは自分のコピーを作ることが出来ず、増殖出来ません。

●ウイルスを殺す手助けをする
抗体はウイルスにくっつくことで、マクロファージと言う別の免疫細胞に攻撃の目印を作ります。

マクロファージはウイルスや細菌などの外敵や、ウイルスに冒されてしまった細胞を見つけてこれを食べて駆除する働きを持つ免疫細胞です。

そのマクロファージに「ここに敵がいるぞ!」と教える働きをするのです。それによって外敵の駆除がもっと盛んになります。

このように外部からの侵入者を攻撃する抗体は、血液中に溶け込んでいて全身をめぐります。

あなたの体のどこに外敵が侵入してきても即座にその場にかけつけ、攻撃を開始すると同時にマクロファージに指示を出すのです。

◇抗体検査が可能な理由

このように抗体はとても頼もしいあなたの見方ですが、しかしちょっと待って下さい。HIV抗体検査は、抗体を見つけることであなたが感染しているかどうかを判定すると言いました。

と言う事は、当然ながらHIV以外の抗体と見分けがつかないと検査できません。言わばHIV専用抗体でないと、検査になりません。

HIVにもクラミジアにも梅毒にも同じ抗体が作られるのでは、せっかく抗体を見つけてもどの病気に感染しているのか判断できません。

実は抗体は病原菌の種類だけ作られるのです。HIVにはHIV専用の抗体、クラミジアにはクラミジア専用の抗体が作られます。1対1で対応しているため、検査が可能なのです。

しかし、あなたの体内に入ってくる細菌やウイルスの種類って、いったいどのくらいあるのでしょうか。その1つ1つに対応した抗体が出来るとなると、抗体の種類もまたすごく多くなるのではないでしょうか。

そう、何と抗体の種類は数百万から数億種類もあります。冒頭に、抗体はB細胞で作られると書きましたが、1つのB細胞は1種類の抗体しか作ることが出来ません。つまり、B細胞の種類もまた何億種類とあるのです。すごいですねぇ~!

◇抗体はどうやって作られる?

先ほど、B細胞は病原菌の種類だけあると書きましたが、あなたの体内に何億種類ものB細胞が常時存在する訳ではありません。

ここがまた人間の免疫機能のすごいところなのですが、侵入してきた病原菌に合わせてB細胞が出来てくるのです。正確には遺伝子組み換えを行ってそれぞれの病原菌に合ったB細胞に変化するのです。

その遺伝子組み換えの種類が何億通りにも可能なのでいくら病原菌の種類が多くても大丈夫なのです。

このB細胞が病原菌に合わせて変化していく過程はとても専門的でうまく説明できません。専門書には専門用語がいっぱい出てきて、ちょっと読んでも何のことだかサッパリです。

イメージとしては、抗体を作り出すB細胞の材料は何種類もあり、それを病原菌ごとに組合せを変えて、ピッタリ合うB細胞を作るのです。

そのためには侵入してきた病原菌がどんな種類かを判別する働きが必要なのですが、それはここでは省きます。説明するのがとても難しくて、素人の私には無理です。

あなたに知っておいて欲しいのは、あなたの体内に侵入してくる病原体ごとにB細胞が作られ、そのB細胞から病原菌を攻撃する専用の抗体が作られるということです。

◇メモリーB細胞の働きとは?

今お話したように、あなたの体内に病原菌が侵入すると、まずB細胞が遺伝子組み換えによってその病原菌を攻撃できるように変わり、そして抗体が生れます。

この間にある程度の時間がかかります。ウイルスが侵入したからといって、即座に抗体が生れる訳ではありません。

そのため、HIVに限らず抗体検査では感染してから抗体が出来るまでは検査が出来ません。

この検査が出来るようになるまでの期間をウインドーピリオドと言い、HIVの場合は3ヶ月とされています。

ところが抗体を作ってウイルスを攻撃するB細胞の一部は、抗体を作らずにその病原菌を記憶する働きをするものがあります。これをメモリーB細胞と言います。

このメモリーB細胞は次に同じ病原菌に出会うと即座に抗体を作り始め、たったの数日間でものすごい数の抗体を作って攻撃します。

しかも最初に出来た抗体よりも更に攻撃力が増しているのです。このおかげで同じ病気に二度は感染しなくて済むのです。一般に、「免疫が出来た」と言う言い方をしますね。ホントに私たちの免疫細胞は頼もしい限りです。

◇だからHIVは恐ろしい

このように、あなたにも私にもある抗体と言う免疫システムですが、この抗体を生みだすのはB細胞です。そして、B細胞に色んな指示を出しているのがヘルパーT細胞と言う免疫機能の中枢細胞です。

そして、HIVはあなたの体内に侵入すると、このヘルパーT細胞に感染し、破壊していきます。

すると免疫システムの司令塔を失ってしまい、B細胞も抗体を作れなくなります。こうして徐々にあなたは免疫不全へと陥ってしまうのです。これがHIVの怖いところです。

あなたを守る免疫機能を破壊するウイルス、それがHVです。

■自覚症状なし!あなたの不安を解消するのはHIV検査だけです。
■STDチェッカータイプJ(男女共用)
あなたの自宅でいつでもHIV検査が可能です。早期のHIV検査は救命的検査です。

■HIV・梅毒・B型肝炎!重複感染でより重症化することがあります。
■STDチェッカータイプO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎の3種類を同時検査。重複感染が多い感染症です。

■この検査の信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■実際に使った人の声(6372件の声)