HIV検査を受ける時期は、検査方法によって異なります。

あなたが保健所でHIV検査を受けるとき、いつ検査を受ければ正確な検査が可能でしょうか?

◇保健所のHIV検査はいつ受ける?

保健所で行っているHIV検査はHIV抗体検査です。これはあなたの血液を採取して血液中にHIV抗体が存在するかどうかを調べる検査です。

ただし、HIV抗体はHIVに感染してもすぐには生成されません。多くの保健所では、感染の可能性があった日から3ヶ月経過してから検査を受けて下さいと案内しています。

このHIVに感染してから抗体が生成されて検査可能になるまでの期間をウインドーピリオドと呼びます。⇒『ウインドーピリオドとは?』

ここまでの情報は当サイトの色々なページで過去に何度も書いてきました。

ところが、最近保健所のHIV検査の案内を見ているとウインドーピリオドの設定が一律3ヶ月ではなく、2ヶ月(8週間)でも検査可能とする案内が目に付きます。

中には同じ保健所内で3ヶ月と2ヶ月の2つの設定をしているところがあります。これはいったいどういうことなのでしょうか。意味が分からず保健所で検査を受けると正確な検査結果が得られないことがあります。

◇通常検査と即日検査で設定が違う?

なぜ同じ保健所で行うHIV抗体検査なのに、ウインドーピリオドの設定が違うのでしょうか。実は同じHIV抗体検査でも通常検査と即日検査ではウインドーピリオドの設定が異なる場合があるのです。

例えば、東京都練馬区のホームページを見て下さい。⇒『エイズ検査』

このページには次のように書かれています。

●通常検査を予約する場合は、感染したかも知れないと思うときから2ヶ月以上すぎていますか?

●即日検査を予約する場合は、感染したかも知れないと思うときから3ヶ月以上過ぎていますか?

つまり通常検査は2ヶ月、即日検査は3ヶ月のウインドーピリオドが設定されているのです。これが同じ保健所で2通りの設定が存在する理由です。

通常検査、即日検査の詳細についてはこちらをご覧ください。⇒『HIV検査の種類』

通常検査も即日検査も同じHIV抗体を見つける検査ですがウインドーピリオドでは1ヶ月も差があります。早く検査を受けたい人は通常検査を選べばいい訳です。

今例に出したのは練馬区の保健所でしたが、同様に通常検査と即日検査で設定を変えている保健所は全国的に存在します。

 

◇しかし保健所によって設定が違う?

ところが、ややこしいことに同じ通常検査でもウインドーピリオドを3ヶ月に設定している保健所もあります。例えば京都府のHIV検査の案内では、通常検査も即日検査も一律3ヶ月と案内されています。⇒『エイズ検査』

これは本来、通常検査が2ヶ月で検査可能なのに即日検査と同一に設定することで間違えないようにしているのかも知れません。もしも即日検査を2ヶ月目に受ける人がいると検査の正確さが担保できないからです。

他にも広島県茨城県愛知県(一宮)などでも同様に通常検査も即日検査もウインドーピリオドは3ヶ月設定となっています。他にも探せば同じような設定をしている保健所は全国いたるところで見つかります。

ただし、最近では検査結果がすぐに分かる迅速検査が増えています。保健所に2回行かなくてもいい利便性が増えている理由です。しかし、前述の通り、ウインドーピリオドとしては3ヶ月です。早くHIV検査を受けたい人は通常検査を希望するかも知れませんね。

いずれにしても、あなたが最寄の保健所でHIV検査を受ける時、100%間違いなく保健所の職員があなたにウインドーピリオドを確認するための質問をします。

感染の可能性があった日から3ヶ月経過が必要なら、「3ヶ月経過していますか?」と質問するし、2ヶ月でいいなら、「2ヶ月経過していますか?」と質問してきます。

従って、あなたが自分で判断して検査の精度を確認する必要はありません。保健所の職員にお任せで大丈夫です。ただ、予備知識としてここに書いた内容を知っておくと、よりHIV検査が受けやすいのではないでしょうか。そう思って記事にしてみました。

■自覚症状なし!あなたの不安を解消するのはHIV検査だけです。
■STDチェッカータイプJ(男女共用)
あなたの自宅でいつでもHIV検査が可能です。早期のHIV検査は救命的検査です。

■HIV・梅毒・B型肝炎!重複感染でより重症化することがあります。
■STDチェッカータイプO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎の3種類を同時検査。重複感染が多い感染症です。

■この検査の信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■実際に使った人の声(6372件の声)