HIV感染者の死亡原因は何が最も多いか、ご存知ですか?

厚生労働省の関連サイトに、『HIV・HCV重複感染時の診療ガイドライン』というサイトがあります。この中に、

「HIV感染例の死因の半数はHCV(C型肝炎ウイルス)感染症による。」

と書かれています。これはいったい、どんな意味でしょうか?

◇ARTの登場で死亡者は激減した

かつてHIV感染症は致死的疾患でした。HIV感染は数年先のエイズ発症を意味し、その先には死がありました。HIV感染による免疫不全を回復させる治療法はなく、日和見感染症によって死に至る病気だったのです。

注)「エイズで死ぬ」と表現しますが、正確には「エイズ関連死」であり、エイズという特別な病気で死ぬのではありません。エイズはあくまでも免疫不全によって発症する症候群を意味します。

ところが、1997年ごろから始まったART(Anti-Retroviral Therapy)の登場で劇的に予後(経過や見通し)は改善されました。それまでどうしようもなかった免疫不全が回復出来るようになったのです。

ARTとは3種類の抗HIV薬を組み合わせて服用する治療法で、多剤併用法、カクテル療法などとも呼ばれます。体内でHIVが増殖することを防ぎ、低下した免疫力を改善させることが出来るようになりました。

ARTによってエイズを発症しても死ぬ人は激減し、更にHIVに感染してもエイズ発症前に分かればエイズ発症を防ぐことも可能になりました。図1をご覧ください。

厚生労働省エイズ動向委員会が公開している資料にHIV感染者、エイズ患者の病変死亡件数があります。これはHIV感染者、エイズ患者がその後死亡した場合に任意で報告された件数です。

あくまで任意であって全数報告ではありません。しかし、1997年ごろ、ARTの登場後に死亡件数が激減しているのが分かります。

エイズ病変データ
図1.病変死亡者の報告件数

◇ARTによってHIV感染者の死亡原因が変化した

ARTが登場するまではHIV感染症は致死的疾患であって、その死亡原因は日和見感染症でした。エイズ指標疾患にあげられた23疾患のいずれかを発症し、死に至っていました。

ところがARTによって免疫力が回復できるようになると日和見感染症以外の原因で死亡する比率が高くなってきました。(むろん、全体の死亡件数は激減しており、あくまでも比率です)

その新しく比率が高くなってきた死因が肝疾患なのです。同サイトからの記事によると以下のような変化が報告されています。

1.アメリカ
●HIV感染者の約30%がHCVに重複感染している。

●米国のCHORUS (Collaborations in HIV Outcomes Research-United States) database, 2001によれば、1997年8月から2000年12月までに135人のHIV 感染例が死亡しているが、その死因の約半数がAIDS 関連(例えば、サイトメガロウイルス感染症、ニューモシスチス肺炎などの日和見感染症)であったが、残りの半数は非AIDS関連の死因であった。

●その約90%が肝疾患関連で、多くは慢性C型肝炎であった。


2.ヨーロッパ
●HIV 感染症患者の死因の中に末期肝疾患の占める割合は、

1991年⇒11.5%(75%がHCV 抗体陽性)

1996年⇒13.9%(57.7%がHCV 抗体陽性)

1998-9 年⇒50%(93.8%がHCV 抗体陽性)

というように年々肝疾患による死亡比率が高くなっています。日和見感染症による死因が減少し、代わりにC型肝炎の比率が高まっています。


3.日本
●肝疾患による死亡率

1997年以前(ART以前)⇒14%

1997年以降(ART以降)⇒29%

このように肝疾患による死亡率が2倍以上に上がっています。(何度も書きますがあくまでも比率です。死亡数そのものは減少しています)

◇まとめ

ARTによって日和見感染症の治療が可能となり、HIV感染症は致死的疾患ではなくなりました。代わりに肝疾患による死亡率が高くなっています。

『HIV・HCV重複感染時の診療ガイドライン』の中ではHIVとHCVの重複感染にも触れていますが、まだまだ分かっていないことも多いようです。従って治療法についても患者個々の症状を診極めて適切に対応することが重要だそうです。もっと詳しく知りたいあなたは同サイトをご覧ください。

なお、最後に1つだけあなたにしっかり覚えておいて欲しいデータをご紹介します。同サイトに出てくるデータなのですが、

『米国のCHORUS (Collaborations in HIV Outcomes Research-United States) database, 2001 によれば、平均39歳のHIV 感染例の予後は、CD4 数≧ 200/μ l である場合には予測生存は32年、CD4 数<200μ l の場合は10年と計算されている。』

とあります。CD4数とは簡単に言えば免疫力を測る指標です。健康な人なら700から1300くらいあります。HIVに感染すると免疫細胞が破壊されてCD4が低下してきます。

米国の報告によれば、そのCD4が200を境にその後の生存率が大きく変わります。これは何を意味しているかと言えばHIV感染の早期発見、早期治療がその後の生存率を高めるということです。

当サイトでは様々な記事の中で、「早期のHIV検査は救命的検査である」と書いてきましたが、ここでもその指摘を裏付けるデータがありました。

もしもあなたにHIV感染の不安があるなら、どうか早くHIV検査を受けて下さい。検査以外に感染を確認する方法はありません。

*HIV検査は保健所や病院に行かなくても可能です。

・STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)

■この検査の信頼性についてはこちら⇒検査の信頼性について

■この検査を使った人のクチコミはこちら⇒利用者の声