あなたが性行為を持った相手がHIV検査で陰性なら、あなたは絶対にHIVに感染していないと言えるのでしょうか?

あなたはHIV検査を受ける必要もないのでしょうか?どう思いますか?

◇ネットで見つけたある相談

つい先日、ネットであるHIVに関する相談を見つけました。それは、こんな相談です。

『AさんとBさんがいたとします。AさんはHIV感染者です。私はAさんと何回もコンドームなしで性行為をしました。AさんがHIV感染者であると後で知って、すぐにHIV検査を受けました。検査結果は陰性でした。私はAさんの他に、Bさんとも性行為をしました。私が陰性なら、Bさんも陰性でしょうか?』

こんな相談です。この相談者は何を心配しているかと言えば、AさんからHIVが体内に入ってきて、自分はHIVに感染しなかったけど、そのHIVが今度はBさんの体内に入ってBさんはHIVに感染するのではないか、という心配をしているのです。

むろん、ここで問題になるのは相談者がAさん、Bさんと性行為を持った時期、そしてHIV検査を受けた時期です。仮に相談者がAさんと性行為をして、その後3ヶ月間全く接触を持たずにHIV検査を受けて陰性判定を受け、その後にBさんと性行為を持ったのなら、それは何も問題ないでしょう。BさんはHIVに感染することはありません。

しかし、AさんとBさんが同時進行の時期があったとします。そしてAさんとお別れして3ヶ月後にHIV検査を受けたら陰性だと分かりました。この場合、BさんがHIVに感染している可能性があるでしょうか?あなたはどう思いますか?

◇HIVに感染したら治らない

この相談者の質問に対してネット上では色んな回答が書き込まれていました。いずれも医療関係者ではなく素人の方々であり、意見もまちまちでした。

そこで私なりに色々と信頼できそうなサイトや専門書で回答を探してみました。私が調べた限りでは、この相談者に対する回答は、

「BさんもHIVには感染していない。」

と言う回答です。

まずHIV感染者であるAさんの体液にはHIVが含まれています。ですから、相談者がAさんとコンドームなしで性行為をすれば、相談者も粘膜経由でHIVに感染する可能性があります。しかし、実際には相談者はHIVに感染しませんでした。

重要なのはこの、相談者がHIVには感染していなかった、という事実です。そして、HIVはもしも感染すれば決して治ることはありません。これもまた事実です。

つまり、この相談者がAさんからHIVをうつされ、その後HIV検査で陰性になる、ということはあり得ません。相談者がHIV検査で陰性だと判定されたことは、すなわち過去において全くHIVに感染したことがないことを示しています。

ゆえに、相談者からBさんへHIVが感染することもありません。

たぶん、この相談者はHIV感染者とならなくても体内にウイルスを保持しており、それがBさんを感染させる可能性はないのかと不安になったのです。つまり、HIV検査で陰性になったけど、もしや自分はHIVキャリアではないかと心配したのです。

例えば、自分は免疫力が強いからHIVには感染しなかったけど、Bさんは免疫力が弱くてHIVに感染するかもしれない。そんな心配をしたのかも知れません。

むろん、BさんがHIVに感染する、感染しない、という分かれ道にBさんの免疫力の強さは関係があるかも知れません。しかし、それ以前にこの相談者がHIVに感染していなければBさんは免疫力の強さに関係なくHIVに感染することはあり得ません。

これって、当然のように思えますが、今回の相談者のようにいったん心配、不安になると気になってしょうがないこともあるでしょう。

◇不安ならHIV検査を受けるしかない

今回の相談は実際問題としてBさんの不安を完全に晴らすにはBさんもまたHIV検査を受けてみるしかありません。先ほど説明したように相談者がHIVに感染していないことが100%証明され、Bさんは相談者としか性行為を持ってないのなら、HIV検査を受けるまでもありません。

しかし、Bさんがこの相談者の前に誰かほかの人と性行為の経験があれば、その人からうつされた可能性はあります。あなたはそんなことを言い出したらキリがないと思われるかもしれませんが、実際そうなのです。キリがないのです。

たった1回であっても、誰かと性行為を持てばそれでHIV検査を受けるには十分な理由となります。

■この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
『HIV検査だけがあなたを救う』
『HIV感染からエイズ発症まで』

■「もしかして・・・」 HIV感染が不安になったら迷わず検査。自宅でHIV検査が出来ます。
・STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)

■HIVと最も重複感染が多いのが梅毒、B型肝炎。症状がより重症化することがあります。
・STD研究所 STDチェッカー TypeO(男女共通)
HIV・梅毒・B型肝炎が同時に検査できます。

■検査キットの信頼性についてはこちら⇒検査の信頼性について
■検査キットを使った人のクチコミはこちら⇒利用者の声