HIVに感染しているかどうか、それはHIV検査を受けるしか判定方法はありません。何等かの症状からHIV感染を特定することはできないのです。

こんなことはネットで少し調べればすぐに分かります。当サイトをはじめとするHIV検査に関する記事を載せたサイトではまさに1丁目1番地の記事です。

数えきれないほど多くのサイトに、

「HIV感染はHIV検査でしか分かりません。」

と書いてあります。

しかし、それにも関わらずネットの相談サイトでは、

「こんな症状が出たのですが、これはHIV感染の初期症状でしょうか?」

といった類の書き込みが後を絶ちません。私が当サイトを運営開始した2011年から6年間、ず~っと同じ書き込み、同じ回答を見てきました。

自分でちょっと調べて分かることをなぜ質問するのか?

HIV検査を受けるしか方法がないと分かっていてなぜ質問するのか?

それは、少しでも安心したいからです。

「大丈夫、その程度ではHIV感染しませんよ。」

と言って欲しいからネットで相談するのです。

でも、それは単なる気休めにしかならず、不安が消えるはずもありません。それは承知の上で、今日もまた何人ものHIV感染の不安を抱えた人がネット上で相談するのです。

そう、それはかつての私の姿そのものです。私自身も深刻なHIV感染疑惑のとき、全く同じように書き込みを繰り返していました。決して他人事ではないのです。

今回は、つい最近私がネット上で見つけた10件の相談をご紹介します。どれも最初から回答は決まりきっているのに、相談せずにいられない、その気持ちがよく分かります。

10件の書き込みを以下の要領でまとめています。

①年代・性別

②行った行為

③不安な症状

④質問したいこと

では、10件の実例をご覧ください。

1.性風俗でゴムなしセックス

①30代男性

②風俗でゴムなしセックス

③その数週間あとに太ももに湿疹。お尻、肩、腕にも出てきた。更に10日間ほど下痢が続いている。脚の付け根に筋肉痛もあり。

④怖くて検査出来ず。この症状からHIVに感染しているか?

 

2.生のオーラルセックス

①10代女性

②生フェラした。

③1週間あとに38度前後の発熱。2日で治った。

④HIV検査するつもりだけど、今の状況でHIVの感染確率は?

 

3.ゴムありセックス

①20代男性

②ゴムありセックスとゴムなしクンニ。

③5週間あとに舌に白い模様が出てきた。首の後ろにも白い円みたいな模様。また蕁麻疹みたいな発疹が出てはすぐ消える。

④これはHIV感染の症状か?

 

4.風俗で生オーラルセックス

①20代男性

②風俗で生オーラルセックス

③肩、背中、横腹がかゆい。皮膚科で飲み薬と塗り薬を処方され、大したことないと言われた。

④もしかしてHIV感染ではないか?

 

5.男性同士の性的接触

①20代男性

②男性相手との生オーラルセックス、ペッティングなど。

③翌日から体中の骨が痛くなり、しばらくして治った。その後下痢や喉の痛みあり、数日で治った。

④これはHIVの症状か?

 

6.風俗でゴムなしセックス

①年齢不明男性

②5年前に風俗でゴムなしセックスした。

③その後咳が出て病院へ行くが治らず。更に痰がからむようになり病院へ行く。過去に、喘息、逆流性食道炎などの病名で治療を受けるも喉の異常は治らず。

④HIV検査は怖くて行けず。これはHIV感染が原因か?

 

7.風俗で生オーラルセックス

①年齢不明男性

②風俗で生フェラしてもらう。

③その3日後喉が痛くなり38度の発熱あり。

④3ヶ月したら検査を受けるつもり。これはHIVに感染している可能性があるか?

 

8.風俗でゴムなしセックス

①20代男性

②風俗でゴムなしセックス

③6日後から微熱、喉の痛み、頭痛、関節の痛みなど発症。

④これはHIV感染の初期症状ですか?

 

9.風俗で素股行為

①20代男性

②風俗で生オーラルセックス、素股行為

③1週間あとに排尿痛。病院でクラミジアと診断され治療中。しかし、排尿痛の他に喉の痛み、頭痛、関節痛、首のリンパ腫れなどの症状もあり。

④これはHIV感染の初期症状ではないか?

 

10.生でオーラルセックス

①20代女性

②生でオーラルセックス、素股行為

③1,2週間あとに高熱と咽頭炎、頸部左右にリンパの腫れ、関節痛、皮膚が痛い感じ。婦人科でカンジダとクラミジアと診断される。更にHIVと肝炎の検査も受けた。

④HIV検査の結果は2週間先だか心配で眠れない。HIVに感染しているか?

 

以上が私が最近ネットで見つけたHIV感染の相談です。

あなたはこう思うかも知れませんね。

「風俗で生で遊んでおいて、後からHIV感染の不安?そりゃ遊ぶ前から分かってるだろうよ!」

そうですね、あなたのおっしゃる通りです。かつての私もそうでした。遊び回った後に急に怖くなって不安でたまらないのです。

しかし、ここにあげた10件も全てそうですが、相談している症状からHIVに感染しているかどうか分かりません。

「感染確率はどのくらい?」

と聞かれても分かりません。そもそもHIVは感染力の弱いウイルスなので、

「可能性は低いです。」

という回答は出来るかも知れません。

しかし、必ずあとにこう続きます。

「しかしどんなに可能性が低くてもゼロでない以上、HIV感染を完全否定は出来ません。心配ならHIV検査を受けて下さい。」

この回答しかないのです。

もしもあなたが今、かつての私のようにHIV感染不安に陥り、不安でたまらないとしたら。ネットで相談したい気持ちも分かりますが、どうかそれよりも保健所に行ってHIV検査を受けて下さい。

HIV検査が怖い気持ちも分かります。私だって決心するのに3ヶ月もかかりました。

しかし、HIV検査の先延ばしはあなたにとって何のメリットもありません。エイズ発症のリスクが増すばかりです。

あなたが最も避けるべきは「HIV陽性」の検査結果ではなく、HIV検査を受けないまま「いきなりエイズ」を発症することです。

早期のHIV検査はあなたにとって救命的検査となります。

アイコンボタン早期のHIV検査はエイズ発症を防ぎ、救命的検査となります。

フッターバナー3

症状では絶対分かりません。不安があれば今すぐ検査!
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

矢印STDチェッカー タイプJ
この3つはぜひ同時検査!重複感染はより危険です。
タイプO ・HIV・梅毒・B型肝検査。(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

矢印STDチェッカー タイプO
まずはこれだけ検査で一安心。一番人気のキットです。
タイプE ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから