HIV感染の行為別感染確率をご紹介します。

確率が低いからと安心は禁物です。


HIVが性行為によって感染することはあなたもご存知でしょう。

では、実際にHIVに感染する行為とは、どんな行為なのでしょう。

それぞれの感染確率と合わせてご紹介します。

ただし、この行為別HIV感染確率は様々なデータがあり、数値にも差があります。

だいたいの傾向はどのデータも同じなので、あくまでも大ざっぱな傾向を知るデータとしてご覧下さい。

◇行為別HIV感染の確率

行為別1回当たりの感染確率(コンドームなしの場合)

感染リスク 感染の可能性
輸血 90%
静脈注射ドラッグ使用時の針の共有 0.67%
アナルセックス(受け入れ側) 0.5%
針刺し事故 0.3%
膣を使ったセックス(女性側) 0.1%
アナルセックス(挿入側) 0.067%
膣を使ったセックス(男性側) 0.05%
フェラチオ(受け入れ側) 0.01%
フェラチオ(挿入側) 0.005%

表1.行為別HIV感染確率

表1はHIV感染確率の高い方から順に並べたものです。

このデータは、厚生労働省科学研究費エイズ対策研究事業で運営する『HIV相談マップ』に紹介されているデータです。

このデータから特にあなたに知って欲しいのは次の2点です。

●性行為感染ではアナルセックスの受け入れ側が最も感染リスクが高い。

●感染確率は低いが、オーラルセックスでもHIVは感染する。

◇アナルセックスはなぜ感染確率が高い?

アナルセックスで感染確率が高い理由はいくつかあります。

●避妊の必要がないことからコンドームを使わないことが多い。

●アナルセックスでは小さな傷がついたり出血が起きやすく、HIVが感染しやすい。

この2つが大きな理由とされています。

2016年のHIV感染ルートを見ると、

●新規HIV感染者 1,011人
同性間性的接触による感染 735人(全て男性です)⇒73%

●新規エイズ患者 437人
同性間性的接触による感染 241人(全て男性です)⇒55%

このように、男性同士の性的接触によるHIV感染が圧倒的に多いのです。

これはアナルセックスによる感染が理由の1つだと思われます。

◇HIV感染確率の意味は?

あるHIV陽性者のブログがあります。

『もしかしてエイズ感染?』

この中でサイト運営者さんはこう言っています。

「HIVに感染する確率は感染した人間からしたら何の意味もない事です。

どんなに確率が低い行為であっても、感染してしまった人にとっては100%なんですもん。」

この言葉、ずしんと胸に響きます。

また、ある医師のブログではたった1回のオーラルセックスによってHIVに感染した例が載っていました。

何と言う不運でしょうか。極めて確率の低いHIV感染なのに。

この例はどんなに確率が低くても、可能性がゼロでない以上起こり得るということを示しています。

あなたは行為別の感染確率などによらず、HIV感染の不安があれば検査を受けて下さい。

エイズ発症前の早期HIV検査は救命的検査となります。

アイコンボタン不安なら今すぐHIV検査。「いきなりエイズ」を防ぎましょう。

フッターバナー3

わずか10分でOK!簡単・安全!
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独感染より危険です。
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝検査
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気、主要5項目を同時検査。
タイプE ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから