HIV感染者の90%は何らかの皮膚疾患を発症しています。

実は私がHIV感染症疑惑に陥ったのも、2つの皮膚疾患が原因でした・・・・


『HIV感染に伴う皮膚疾患』を特集した雑誌、「Visual Dermatology」(秀潤社)からの情報をあなたにもお届け致します。

HIV感染者の90%は何らかの皮膚疾患を発症するのだそうです。いったいどんな皮膚疾患を発症するのか、同書からご紹介していきましょう。

そして、冒頭にも書きましたが私自身がかつてHIV感染の疑惑に悩んだ経験があるのですが、その直接のきっかけは2つの皮膚疾患でした。

それは、全身の発疹と帯状疱疹(たいじょうほうしん)だったのです。この2つは代表的なHIV感染による皮膚疾患です。

 

◇HIV感染による皮膚疾患とはどんなもの?

HIV感染者に現れる皮膚疾患は、大きく分けると2種類あります。

●HIV感染による免疫不全が原因で感染する皮膚疾患

●HIVが直接の原因ではないが、HIV感染と重複感染が多く見られる皮膚疾患

この2種類です。

前者は因果関係、後者は前後関係と言えばいいでしょうか。

では、具体的にどんな皮膚疾患なのか、みていきましょう。

【HIV感染による免疫不全で感染する皮膚疾患】

HIV感染による免疫不全で発症する皮膚疾患
疾患名 主な症状
1.急性期皮疹
直径が5mmから10mmくらいで、赤い膨れた丘疹が体中に出来ます。そのまま放置しておいても1週間から2週間ほどで自然と治ります。
2.帯状疱疹
通常体の左右どちらか片側に発症します。ヒリヒリするような 痛みから始まり、やがて虫に刺されたような赤い発疹と水ぶくれが 出ます。
3.単純ヘルペス
唇やその周辺、性器やお尻などに小さな水ぶくれが何個か集まって出来ます。感染した場所の近くのリンパ節が腫れて痛みを伴ったり、発熱や頭痛を伴うこともあります。
4.脂漏性皮膚炎
頭部・顔面・胸や背中などの皮脂の分泌が活発な部位に、かゆみを伴う赤い斑点が出ます。また表皮の角質が剥離してきます。
5.伝染性軟属腫(水いぼ)
2mm程度の肌と同じ色か、白っぽい丘疹(ふくれのある発疹)で、 丘疹の中央に小さな凹みがあります。
6.口腔内カンジダ症
口の中のほおの粘膜部や舌が白い苔(こけ)状の物に覆われた ようになります。咽頭や食道にも発症することもあります。
7.爪白癬(はくせん) 足の爪が白くなります。
8.カポジ肉腫
暗い紅色か紫色の平坦な斑点が段々と盛り上がり、肉腫となって下半身からお腹や腕、首、顔と色んな場所に次々と出ます。 気道や消化管の粘膜、リンパ節などにも出ます。
9.尋常性白斑
皮膚の色が抜けて白くなっていく病気です。
10.乾癬(かんせん)
赤い斑点ができて、やがてかさぶたになって皮膚がボロボロになる病気です。
11.疥癬(かいせん)
ヒゼンダニが寄生し、強い痒みが出ます。

(表1)HIV感染にる免疫不全で感染する皮膚疾患

私が体験した皮膚疾患は全身の発疹と帯状疱疹ですから、まさにHIV感染による免疫不全を疑わせるものです。

しかも私は2つの皮膚疾患を連続で発症したため、間違いなくHIVに感染していると思い込みました。

【HIV感染と重複感染が多くみられる皮膚疾患】

HIV感染と重複感染の多い皮膚疾患(性感染症)
疾患名 主な症状
8.梅毒
第1期は粘膜部や皮膚に丘疹(盛り上がった斑点)が出来ます。第2期には梅毒性バラ疹と呼ばれる淡い紅色の斑点が体の色んな場所に多発します。
9.尖圭コンジローマ 性器や肛門の周囲に先のとがった小さなイボが出来ます。

(表2)HIV感染と重複感染が多くみられる皮膚疾患

梅毒と尖圭コンジローマの2つの性感染症はどちらもHIVとの重複感染が多い性感染症で、かつ皮膚疾患を伴います。

ここにあげた症状が出たら梅毒、尖圭コンジローマの感染を疑うと同時に、HIV感染にも注意した方がいいと思われます。

 

◇皮膚疾患に対して特に注意すべき点は何か?

私が全身の発疹で大きな総合病院の皮膚科で診察を受けたとき、担当医はHIV感染の可能性については全く触れませんでした。

次に私が帯状疱疹を発症して、近くの皮膚科の専門医に診てもらったときも、HIV感染については何も触れませんでした。

しかし、全身の発疹も帯状疱疹もHIV感染の免疫不全による皮膚疾患としては非常に多い皮膚疾患です。

本来であれば、一応はHIV感染の可能性を疑ってみるべき疾患だと思います。

『HIV感染に伴う皮膚疾患』の中で、東京医科大学皮膚科の斉藤万寿吉助教授、坪井良治主任教授は次のように書かれています。

『HIV感染に伴う皮膚疾患を熟知することで、皮膚疾患からHIV感染を診断出来れば、HIV感染の早期発見がもたらす個人的、社会的メリットは大きく、皮膚科医の果たす役割は大きい。』

両氏が敢えてこう提言されている裏には、皮膚科の医師がHIV感染の可能性を見逃して早期発見のチャンスを逃している現実があるからです。

また、「HIV感染者の早期発見と社会復帰のポイント」(医薬ジャーナル)の中で、国立国際医療センターの岡慎一エイズ治療・開発センター長も次のように書かれています。

『急性期に発熱、皮疹、リンパ節腫脹などの経験をする人が50%から90%いると言われています。この時期が最も早くHIV感染症を診断出来るポイントであり、医療者が見逃さないための努力が必要です。』

この提言もまた現状の医療現場がHIV感染の早期発見のチャンスを逃していることを示しています。

確かに、私やあなたの体に発疹が出たからと言って、即座にHIV感染を心配する必要はありません。皮膚疾患の原因はHIV感染以外にも沢山あるのです。

だから実際問題としてあなたがHIVに感染している可能性は極めて小さいでしょう。あなたは過敏に反応することはありません。

しかし、その一方でHIV感染者の90%に何らかの皮膚疾患が現れることもまた事実です。

ゆえに、あなたに何か原因不明の皮膚疾患が現れたとき、もしもHIVに感染したかも知れない行為や機会に少しでも心当たりがあるなら、念のためにHIV検査を受けることをお勧め致します。

保健所なら無料で匿名検査が受けられます。万一、あなたがHIVに感染していたとき、早期のHIV検査はあなたにとって救命的検査となります。

保健所や病院が嫌なら、あなたの自宅で簡単にHIV検査を受ける方法もあります。HIV感染はHIV検査を受ける以外に判断する方法は絶対にありません。

アイコンボタン不安なら今すぐHIV検査。「いきなりエイズ」を防ぎましょう。
フッターバナー3

わずか10分でOK!簡単・安全!
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独感染より危険です。
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝検査
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気、主要5項目を同時検査。
タイプE ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから