HIV感染症の初期症状として、感染から数週間後に現れる風邪に似た症状を急性HIV感染症と呼びます。

具体的には次のような症状が出ます。 あなたにも心当たりがありませんか?
 
・・急性HIV感染症の症状 頻度 ・・急性HIV感染症の症状 頻度
・・・・・発熱 ・・96%   ・・・・・筋肉痛・関節痛 ・・54%
・・・・・リンパ節の腫れ ・・74%   ・・・・・下痢 ・・32%
・・・・・咽頭炎 ・・70%   ・・・・・頭痛 ・・32%
・・・・・発疹 ・・70%   ・・・・・吐き気・嘔吐 ・・27%

これらの症状は風邪やただの体調不良と区別がつきません。急性HIV感染症は症状からの判断は不可能であり、HIV検査を受けて確認するより方法がありません。


現在、日本国内ではHIV感染者として報告された人の30%以上が自分のHIV感染に気が付かず、「いきなりエイズ」を発症しています。エイズを発症して初めて自分のHIV感染に気付いているのです。

しかし、現在の抗HIV医療では早期のHIV検査で感染が見つかれば、治療によってエイズ発症を防ぐことも可能になっています。そしてエイズ発症前に治療を開始する方がその後の生存率も高いし、予後(治療の経過や見通しのこと)も期待できます。

多くのエイズ医療の専門家が指摘するように、早期のHIV検査は救命的検査なのです。

急性HIV感染症は放置しても自然と治ってしまいます。もしもあなたがHIVに感染しているのに、症状が消えたからとHIV検査を受けずにいたら、数年先に「いきなりエイズ」を発症することになります。

そう考えると急性HIV感染症は感染初期のサインとしてとても重要です。ただし、繰り返しますが急性HIV感染症は症状からはただの風邪や体調不良と見分けがつきません。

あなたにHIV感染の不安があって、しかも上記の表のような症状が出たら、出来るだけ早期のHIV検査をお勧め致します。

むろん、めったなことではHIVに感染することはありません。HIVはとても感染力の弱いウイルスです。でも、どんなに小さい可能性であっても、それが存在する限りあなたの不安が消えることはないでしょう。あなたの不安を解決するにはHIV検査を受けるしか方法はありません。

私自身、HIV感染の可能性があった日から数週間後に全身の発疹、帯状疱疹、頭痛、発熱、下痢などの症状が続き、急性HIV感染症を疑ってHIV検査を受けた経験があります。

私は検査結果を知ることが怖くてなかなか検査を受けることが出来ませんでした。3ヶ月間悩み続けてやっと決心できました。もしかしたら今のあなたも同じかも知れませんね。どうかこのサイトの記事をご覧頂いて勇気を出して下さい。

あなたがHIV検査を先延ばしすることでプラスになることは何ひとつありません。「いきなりエイズ」発症のリスクが増すばかりです。
早期のHIV検査が救命的検査であることをどうか忘れないで下さい。

  ■HIV感染症の症状に関する情報満載!『症状関連リスト』
   
    
・・・この症状はHIV感染かも・・・そんな不安なあなたへ

1.HIV感染症の不安を感じたら必ず知って欲しい3つの事実
『あなたがエイズ発症のリスクを回避するため知っておくべき3つのデータがあります』
・こそ
2.知らないと怖い、HIV感染と関係が深い性感染症たち
『ご存じですか?HIVと重複感染したり、HIV感染のリスクを高める性感染症のことを』
   
 

HIV感染が不安なら、当然こんな性感染症も感染の可能性があります。

性感染症は性行為によって感染します。それはどの性感染症も同じです。HIV感染にだけ危ない性行為などありません。あなたがHIVに感染したかも知れないと不安に感じるなら、それは同時に梅毒やクラミジア、淋菌などにも感染している可能性があります。

むろん、それを言い出せばきりがないかも知れません。でも私は次のような理由から、HIVだけでなく梅毒・クラミジア・淋菌も検査しました。

梅毒はHIVとの重複感染が最も多い性感染症です。しかも梅毒はHIVと重複感染すると単独感染の場合よりも症状の進行が早まったり、より重症化することがあります。

クラミジア、淋菌は感染者が非常に多く、自覚症状が少ないこともあって、知らない間に感染している可能性があります。しかもクラミジア、淋菌に感染していると健康な人に比べて3倍から5倍、場合によっては何十倍もHIVに感染しやすくなります。

これは粘膜部に炎症や潰瘍が発生するためHIVが侵入しやすくなるからです。梅毒に感染しても同様にHIV感染の可能性が高くなります。

こうした理由から、私はHIVだけでなく梅毒・クラミジア・淋菌も検査しました。事実、性感染症においては重複感染事例が多いことを医療の専門サイトや専門書が伝えています。

ハッキリ言って、症状が出てから泌尿器科、婦人科に駆け込めば間に合う病気はちょっとくらい不用心でもいいです。

でも、HIVだけは一度感染すると治りません。医学が進んでHIV感染症は致死的疾患ではなくなりましたが、それでも生涯治療です。どうかくれぐれも予防にご用心下さい。そして少しでも不安なら早期発見のために検査を受けて下さい。

何度も書きましたが早期のHIV検査は救命的検査となります。

   
   
。。 当サイトの アクセスベスト10 はこちら!(2014年8月)
・・・ 1位 急性HIV感染症の不安を感じたら
・・・ 2位 HIV感染からエイズ発症まで
・・・ 3位 HIV感染の初期症状とは?
・・・ 4位 誰にも知られずHIV検査
・・・ 5位 HIV感染症とリンパ節の痛み
・・・ 6位 HIV感染に伴う皮膚疾患とは?
・・・ 7位 エイズの潜伏期間が1年?
・・・ 8位 HIVの行為別感染確率
・・・ 9位 HIV感染の無症候期
・・ 10位 HIVの感染ルート
 

 
   
 

 ■平成26年第1四半期(1月~3月)のエイズ動向(5月23日発表最新版)     (姉妹サイト:HIV検査完全ガイド)

   
「もしやこの症状は・・・」 HIV感染が不安なあなたはこちらから

1.HIV急性感染症とは?

2.感染からエイズ発症まで

3.エイズ発症までの無症候期

4.HIV感染は献血で分かる?


4.HIV検査だけがあなたを救う!

5.自宅でエイズ検査体験記

6.性感染症まとめて検査体験記

8.エイズ検査(保健所)体験集


   
   
・・・HIVやエイズの基礎知識を知りたいあなたはこちらから

1.HIVとエイズはどう違う?

2.HIVが破壊する免疫機能とは?

3.HIVの感染ルート

4.潜伏期間が短くなった?

・ 
5.エイズ指標疾患とは?

6.HIV感染者・エイズ患者の現状

7.エイズに関するよくある質問

8.HIV感染症と皮膚疾患

   
 
■「更新情報」は管理人の都合で廃止しました。その代わりトップページの左サイドバーメニューに「新着記事」があります。ここから最新5記事を見ることが出来ますのでご利用下さい。