HIV感染の初期症状を知って、一刻も早くあなたのHIV感染不安を晴らしてください。

HIV感染症の初期症状として、感染して2週間から6週間くらい後に現れる風邪に似た症状を急性HIV感染症と呼びます。

具体的には次のような症状が出ます。

もしやあなたにも心当たりがありませんか?

急性期の症状 頻度
発熱 96%
リンパ節の腫れ 74%
咽頭炎 70%
発疹 70%
筋肉痛・関節痛 54%
下痢 32%
頭痛 32%
吐き気・嘔吐 27%

*「HIV感染者の早期発見と社会復帰のポイント」(医薬ジャーナル社)より

◇急性HIV感染症とは?

急性HIV感染症は体内で増殖したHIVが血液中に侵入して高レベルのウイルス血症を起こすことが原因と考えられています。

しかしご覧の通り、風邪やただの体調不良と症状からは区別がつきません。

急性HIV感染症はHIV検査を受けて確認するより方法がありません。

また、急性HIV感染症は放置しても1週間から2週間くらいで自然と治ってしまいます。

もしもあなたがHIVに感染しているのに、症状が消えたからとHIV検査を受けずにいたら、数年先に「いきなりエイズ」を発症することになります。

そう考えると急性HIV感染症は感染初期のサインとしてとても重要です。

あなたがHIV検査を受けるきっかけになるかも知れません。

現在、日本国内ではHIV感染者として報告された人の約30%がすでにエイズを発症しています。

いわゆる、「いきなりエイズ」状態です。

厚生労働省エイズ動向委員会のデータをグラフ化してみました。

下のグラフをご覧ください。

高齢いきなりエイズ

全体として「いきなりエイズ」の割合は30%ですが、50歳以上で見ると実に50%にも達しています。

つまり、50歳以上でHIV感染が見つかった人は、2人に1人はすでにエイズを発症しているのです。

いかにHIV検査を受けていない人が多いか分かります。

今は抗HIV治療の進歩によってエイズ発症前にHIV感染が見つかれば、エイズ発症を防ぐことも可能になっています。

そしてエイズ発症前に治療を開始する方がその後の生存率も高いし、予後(治療の経過や見通しのこと)も期待できます。

多くのエイズ医療の専門家が指摘するように、早期のHIV検査は救命的検査なのです。

 

ただし、繰り返しますが急性HIV感染症は症状からはただの風邪や体調不良と見分けがつきません。

あなたにHIV感染の不安があって、しかも上記の表のような症状が出たら、出来るだけ早期のHIV検査をお勧め致します。

むろん、めったなことではHIVに感染することはありません。HIVはとても感染力の弱いウイルスです。

でも、どんなに小さい可能性であっても、それが存在する限りあなたの不安が消えることはないでしょう。

あなたの不安を解決するにはHIV検査を受けるしか方法はありません。

私自身、HIV感染の可能性があった日から数週間後に全身の発疹、帯状疱疹、頭痛、発熱、下痢などの症状が続き、急性HIV感染症を疑ってHIV検査を受けた経験があります。

私は検査結果を知ることが怖くてなかなか検査を受けることが出来ませんでした。

3ヶ月間悩み続けてやっと決心できました。

もしかしたら今のあなたも同じかも知れませんね。どうかこのサイトの記事をご覧頂いて勇気を出して下さい。

あなたがHIV検査を先延ばしすることでプラスになることは何ひとつありません。

「いきなりエイズ」発症のリスクが増すばかりです。

早期のHIV検査が救命的検査であることをどうか忘れないで下さい。

■HIV感染症の症状に関する情報満載!『エイズの症状関連リスト』

 

アイコンボタン早期のHIV検査はエイズ発症を防ぎ、救命的検査となります。

フッターバナー3

わずか10分でOK!簡単・安全!
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独感染より危険です。
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝検査
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO(男女共用)
一番人気、主要5項目を同時検査。
タイプE ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから






この症状はHIV感染かも・・・そんな不安なあなたへ
1.HIV感染症の不安を感じたら必ず知って欲しい3つの事実
あなたがエイズ発症のリスクを回避するため知っておくべき3つのデータ

2.知らないと怖い、HIV感染と関係が深い性感染症たち
ご存じですか?HIVと重複感染したり、HIV感染のリスクを高める性感染症を

■HIV感染が不安なら、当然こんな性感染症も感染の可能性があります。

 

HIV感染が不安なら、梅毒、B型肝炎、クラミジア、淋菌などの性感染症も同時検査されることをお奨め致します。

それは、こんな理由があるからです。

●HIVと梅毒、B型肝炎は重複感染が多い。重複感染すると症状がより重症化したり、進行が早くなったりすることがあります。

●梅毒、クラミジアなどに感染していると、健康な人に比べてHIVの感染確率が数倍~数十倍も高くなります。

●HIV感染と同様、他の性感染症も自覚症状が出ないことが多いので検査でしか感染が判断出来ません。

HIV始め、性感染症予防にはくれぐれもご用心下さい。

そしてあなたが少しでも不安なら、早期発見のために検査を受けて下さい。

何度も書きましたが早期のHIV検査は救命的検査となります。

性感染症総合

■当サイトのアクセスベスト10です!(2017年 9月)

1位 HIV感染症とリンパ節の痛み
2位 HIV検査キット体験記
3位 急性HIV感染の不安には?
4位 HIV急性皮疹とはどんな症状?
5位 HIV検査だけがあなたを救う
6位 HIV感染が不安なあなたへ
7位 HIV感染症とカンジダ症
8位 HIVの行為別感染確率
9位 HIV感染症と皮膚疾患
10位 HIVの感染ルート

■平成28年通期(1月~12月)のエイズ動向(速報値)
(姉妹サイト:HIV検査完全ガイド)

 

「もしやこの症状は・・・」 HIV感染が不安なあなたはこちらから
1.HIV急性感染症とは? 4.HIV検査だけがあなたを救う!
2.感染からエイズ発症まで 5.自宅でエイズ検査体験記
3.エイズ発症までの無症候期 6.性感染症まとめて検査体験記
4.HIV感染は献血で分かる? 8.エイズ検査(保健所)体験集

HIVやエイズの基礎知識を知りたいあなたはこちらから
1.HIVとエイズはどう違う? 5.エイズ指標疾患とは?
2.HIVが破壊する免疫機能とは? 6.HIV感染者・エイズ患者の現状
3.HIVの感染ルート 7.エイズに関するよくある質問
4.潜伏期間が短くなった? 8.HIV感染症と皮膚疾患

このサイトがあなたのHIV感染不安を解消するお手伝いが出来れば幸いです。

 

新着記事

エイズ病変死(2016年)

エイズ病変死とは、エイズ患者がその後病変して亡くなることです。 今回は厚生労働省エイズ動向委員会が公表したデータから、2016年のエイズ病変死をご紹介します。 めっきりメディアに登場することが無くなったエイズですが、毎年 …

エイズ指標疾患分布(2016年)

平成28年(2016年)のエイズ動向がエイズ動向委員会より発表になりました。 2017年10月に公開されたデータから、2016年のエイズ指標疾患について調べてみました。   ◇2016年のエイズ指標疾患 当サイ …

CD4だけでは判断できない免疫状態

当サイトではHIV感染後の免疫状態を測る指標としてCD4数を説明してきました。 例えばCD4数が250/μL以下に下がると様々な日和見感染症のリスクが高くなります。 しかし、実際の患者さんの症例の中にはCD4が500/μ …

あるHIV陽性者の症状

偶然見つけた、あるHIV陽性者のブログ。 彼は30台半ばの男性です。 今から4年ほど前に「いきなりエイズ」を発症します。 その彼がエイズ発症前に気付いた症状とは・・・ 【今回のテーマと目次】 ・ ●テーマ:「いきなりエイ …

イソスポラ症

イソスポラ症はエイズ指標疾患の1つです。 私の保有するHIV/エイズ関連本において、エイズ指標疾患の1つとして登場しますが、名前だけで詳しい病気の説明はありません。 また、ネット上で検索してもほとんどヒットしません。 唯 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

あなたの自宅でHIV検査

投稿カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGETOP
Copyright © HIV感染症(エイズ)の症状完全ガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.